【ベビーオイル洗顔】こすらない洗顔は老化防止になる!

美容

顔を触りすぎると早く老ける?

私は現在、mimiさんの提唱するベビーオイル洗顔を実施しています。

心なしか肌のキメやハリが改善され、手触りも良くなってきた気がします。

調べてみるとベビーオイル洗顔で得られるメリットはベビーオイルの成分のおかげだけではなく、どうやら

「顔を触りすぎないこと」にもあるようです。

ベビーオイル洗顔とは?

TwitterやSNSで話題の提唱者mimiさんがおすすめする新しい洗顔方法です

クレンジング&洗顔をベビーオイルに変えることで、肌の負担を減らし(こすらない、落としすぎない)、肌を改善させる効果があると言われています。

ベビーオイル洗顔の基本的な方法についてまとめた記事はこちらをご覧ください★

Amazon | 【Amazon.co.jp 限定】ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL おまけ付き 赤ちゃん 保湿 低刺激 | ジョンソンベビー | ベビーオイル
【Amazon.co.jp 限定】ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL おまけ付き 赤ちゃん 保湿 低刺激がベビーオイルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

美肌の秘訣は触らないことだった!

シミやシワは肌をこすった摩擦によってできると言われています。

人は無意識のうちに平均1日60回近く顔に触れているそうです。

この「顔に触る」というこの行動がもしかしたらあなたの肌を老化させている原因のひとつかもしれません。

触りすぎないのが、美容

お肌は、触らないほど綺麗になります。
「触る」という行為が、もうダメージになるからです。

例えば、目を掻くことも毎日の積み重ねでシミやくすみ、たるやシワを引き起こす要因になる場合も!

ベビーオイル洗顔はこすらないのがポイント

クレンジング&洗顔をベビーオイルに変えたあなたは分かると思いますが、ベビーオイルはそっとお肌に置いて置くだけですよね

クレンジングや洗顔のようにこすらない、落としすぎないことが

肌の負担を減らし、肌を改善させてくれているようです★

スキンケアも「触らない」を意識

肌に触れる積み重ねがシミシワをつくるというけれど、ではスキンケアはどうすればいいのでしょうか

スキンケアもできたら触りすぎないことが大切です。

化粧水はできるだけ霧吹きなどのスプレータイプのもので吹きかけるようにしましょう。

乳液、美容液、ファンデーションなど、どうしてもこするのが必要となってしまう場合も

こするのではなくできるだけ「お肌に乗せる」ことをイメージして。

「こする」ではなく「押す」ようになじませるように気をつけてみてください。

〈合わせて読みたい〉

【私も実感!】ベビーオイル洗顔で「角栓ポロリ」出来る理由をご紹介★
ベビーオイル洗顔とは?TwitterやSNSで話題の提唱者mimiさんがおすすめする新しい洗顔方法です♡クレンジング&洗顔をベビーオイルに変えることで、肌の負担を減らし(こすらない、落としすぎない)、肌を改善させる効果があると...
【ベビーオイル洗顔】やってみて感じたメリットをまとめてみた★
ベビーオイル洗顔とは?TwitterやSNSで話題の提唱者mimiさんがおすすめする新しい洗顔方法です♡クレンジング&洗顔をベビーオイルに変えることで、肌の負担を減らし(こすらない、落としすぎない)、肌を改善させる効果があると...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました