ビッグバンセオリー打ち切りの理由は?キャストの不仲説とシェルドンの降板について

海外ドラマ

「ビッグバンセオリー」は2007年〜2019年の12年間、シーズン12まで放送され、全米視聴率No.1も取ったほど、多くの方に愛され続けたドラマです。2人の天才オタクの隣の部屋に美女が越してくるところから物語は展開されていきますが、とにかく笑えるので、疲れている人や笑って癒されたい人におすすめのコメディドラマです。

私も全シーズン見終えた今でも何度も見返すほど、海外ドラマでは一番好きなドラマです。

いつかは完結するのが連続ドラマですが「ビッグバンセオリー」に関してはgoogleでの検索サジェストに「ビッグバンセオリー 不仲」「ビッグバンセオリー 打ち切り理由」など何やら訳ありげなワードが並んでいます。

このブログでは「ビッグバンセオリー」の不仲説、打ち切りの理由などを調査した件をまとめていきます。

打ち切り理由はメンバーの不仲?

不仲といった確実な情報は出ておりませんがどうやらファンが不仲説を勘ぐっているようで、打ち切りの理由はメンバーの不仲なのではないかという噂が出てきたようです。

SNSでお互いをフォローしていないキャストがいる

SNSで交流しているキャストもいる中、たまたまかもしれませんがフォローし合っていないキャストがいるということがこの噂の発端かもしれません。ファンとしては大好きなキャスト同士が私生活でも仲が良いと願うばかりですが安心してください。

キャストの私生活として有名なことといえば例えばスチュアート役のケヴィンとエイミー役のメイムピアリクはいまだに一緒にゲームをするほどの仲が良いようです。

また、2008年頃には実際にレナード役の俳優ジョニー・ガレッキとペニー役のケイリー・クオコが付き合っていたこともあります。2年間交際をし、破局後も10年間共演をしていたそうです。

ちなみに12年間もの長い「ビッグバンセオリー」の歴史の中で実際にカップルになっていたのはレナード役のジョニーとペニー役のケイリー2人だけ。ゴシップガールのダンとセリーナのように連続ドラマに長い間恋人役として出演していると自然な形で私生活でも恋愛に発展するのかもしれません。

シェルドン役のジムが降板になった

シーズン12で打ち切りになった理由はシェルドン役のジム・パーソンズの降板と言われています。ジムはもともと、2019年くらいで降板しようと考えていたようですが、米Hollywood Reporterのインタビューに応えたジムが、シーズン12が潮時と感じたと下記のように述べています。

「この番組に出演しだしてから初めて、”シーズン12の後に契約を更新したくないかもしれない”とふと思ったんだ。それは僕が牡羊座だからなのか、自分の本心に気づいたかなのかはわからない。何であれ、一度そう思ったら”それが僕の答えだ”と思ったんだ」

と、上手く説明はできないが本能的な答えだったとのこと。主役のシェルドン役であるジムが降板となったので、制作側がジムの降板と同時にシーズン終了を伝えたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?シーズン12で完結の理由は主役のシェルドン役であるジムの降板が一番の理由のようです。ファンとしてはSATCのキャリーとサマンサの明かな不仲のような理由で打ち切りではないと知って安心しました。

ビッグバンセオリーは以前はAmazon Primeで観ることが可能でしたが現在は無料期間が終了し有料作品となっております。Netflixでも配信されていますがイギリス、韓国、スペインなど日本以外の国でしか観ることができないそうです。Amazon Primeが終了してしばらくビッグバンセオリーが見れなくなった私ですが定期的にまた見たくなるため現在はU-NEXTで観ています。

U-NEXTには『無料お試し期間』があり初回登録時のみお試しで無料で見ることができるのをご存じですか?無料お試し期間は31日間と長いので、予定がない長いお休みの前などに登録して無料でビッグバンセオリーを一気見することもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました