【中田敦彦のYouTube大学でも話題】16時間断食、オートファジーダイエットとは

variety

〈「空腹」こそ最強のクスリ〉(青木厚著書)や

 

「中田敦彦のYouTube大学」でも話題のオートファジーについての中食事法、16時間断食についてまとめてみました。

 

 

オートファジーとは

オートファジーとは古くなった細胞やタンパク質を取り除き、新しい健康な細胞を生まれ変わらせる仕組みのことです。

 

細胞の中の不要なものや老廃物が一掃されることによって

全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、以下のような効果が期待できます。

 

・ダイエットに効果的な身体作り

・病気のリスク軽減

・健康的で若々しい身体作り 等。

 

16時間断食について

オートファジーを行う最も効果的な方法として適切な食事療法(16時間断食)

であることに多くの専門家が同意しているそう。

※8時間食事術と言ったりもします。

 

 

食事方法

〈「空腹」こそ最強のクスリ〉によれば、16時間何も食べないのが最も身体に良いとのこと。

 

 

具体的には・・

・18~19時:食事
・23時~7時:睡眠
・11時〜12時:食事

というサイクルが出来れば、16時間の断食が出来そうです。

 

なぜ16時間なのか

オートファジーは身体が飢餓状態になった時に最大限に働きが活性化するもの。

 

食べ物を口にした後、16時間経たないとオートファジーは機能しないので、美と健康のために16時間は何も食べず8時間の中で食事をとる!と言う方法なのです。

 

食べてもいい時間

1日8時間の「食べてもOK」の時間では好きなタイミングで食事をとり、基本的には何をどれだけ食べても大丈夫と言われています。

 

大事なのは何を食べるかではなくいつ食べるか、なのです。

 

 

 

「え、16時間も食べちゃだめなんて辛い・・」

 

と思われる方も睡眠時間の前後に合計8時間を割り振れば

 

睡眠時にはお腹はすかないのでさほど苦しさを感じず16時間断食を行えると思います。

 

 

お腹がすいたとき

しかしどうしても16時間の断食時ににお腹がすいたら、、

 

なんとナッツなら食べてもOK!

※ただしナッツなら無塩で素焼きのもの、ヨーグルトなら無糖のものに限ります。

 

 

ナッツは少量でも空腹感が和らぎますし、同時に身体に必要な栄養素を補えるため、

どうしてもお腹が空いた時は我慢せず食べてもOKと言われております。

 

あっちゃんのYouTubeではどんなけ食べてもOKとも言われております。笑

 

次の記事ではさらに詳しくオートファジーについて解説していきます。

 

 

 

 

〈合わせて読みたい〉

 

【お腹すいた時】ダイエット中に食べてもいいものをご紹介した記事はこちら

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました