【初心者必見】ボクシングジムに通うなら「揃えておきたい道具」と「揃えておいて損はない道具」のご紹介

未分類

プロボクシングをかじった後、ボクシングジムでトレーナーを経験した私が、初心者の方がボクシングジムに通うなら「揃えておきたい道具」と「揃えておいて損はない道具」をご紹介します。

 

ボクシングジムにはプロやアマチュアの試合に出たい方から、ダイエット、運動不足、ストレス発散など様々な目的で通っている方がいます。

 

この記事はダイエット、運動不足、ストレス発散などの運動目的でボクシングジムに通おうと思っている方に参考にしてもらえればと思います!

 

揃えておきたい道具

まずは、揃えておきたい道具はこちら

シューズ

ボクシングジム内では、基本シューズを履いてトレーニングする為、室内で履けるシューズを用意する必要があります。

運動目的ならランニングシューズでOK

ボクシングにはボクシングシューズと呼ばれるソールがめちゃくちゃ薄いシューズがありますが、運動目的の方にはランニングシューズをオススメします。

ボクシングのトレーニングメニューになわとびやボクシングのステップなどがあり、ソールの薄いシューズやクッション性の低いシューズでは膝への衝撃が加わりやすく痛めてしまう可能性があります。

その点、ランニングシューズはクッション性が高いうえに動きやすいので運動目的の方にオススメです!

 

バンテージ

自分の拳や手首のケガ守る役割をする包帯の様なものをバンテージと呼びます。

ボクシングのトレーニングではこのバンテージを拳や手首に巻き、その上にグローブを装着してサンドバックやミットをパンチします!

ボクシングジムで購入可能

バンテージなんてどこで買えばいいの?って思う方も多いと思いますが、ボクシングのトレーニングではバンテージは必須ですので、大体のボクシングジムで包帯のような巻くタイプのバンテージは購入できると思います。

包帯のような巻くタイプは手間がかかる

包帯のような巻くタイプのバンテージは色々と手間な事が多いんです。

○拳に巻く巻き方を覚えないといけない

○洗濯したらめちゃくちゃ絡まる

○洗濯して乾いた後、包帯のように巻かないとクシャクシャになるなど

私のような面倒臭がりな方はちょっと大変…笑

そんな方のために手にはめる簡単タイプのバンテージがあります。

巻くタイプに比べバンテージの脱着や洗濯後に巻く必要がなくかなり手間がはぶけるはずです!

 

しかし、私自身はめるだけの簡単タイプのバンテージをボクシングジムで購入した方をあまり見たことがまりません。

購入するなら格闘技用品を取り扱っているスポーツ用品店もしくは、ネットで購入することができるので下にリンクを貼っておきますね!

 

揃えておいて損はない道具

続いて、揃えておいて損はない道具はこちら

なわとび

ボクシングジムでのトレーニングメニューになわとびがあります。

こちらは基本的にジムで借りることができますが、複数の方が使用するので、自分の跳びやすい長さの物を探したり調整したりするのが大変です。

自分のなわとびを持っておけば最初に長さを調整するだけで良く、スムーズにトレーニングに入れるので、持っておいて損は無いと思います。

ボクシンググローブ

ミット打ちやサンドバックなどのトレーニングをする際に使用します。

こちらもなわとびと同様に基本的にはジムで借りることができます。

 

では、なぜ借りることができるボクシンググローブを購入しておくことをオススメする理由は「ニオイ」です。

 

複数の方が使用しているボクシンググローブって汗でめちゃくちゃ臭いんですよ…ほんとに。

 

しっかり手を洗ってもニオイが残っていることだってあるくらい臭い。

 

ニオイの他にもジムで借りることができるグローブは自分の使いたいタイミングに誰かが使っていたり、誰かが使った後のグローブは汗でビショビショなっていたりするので、マイグローブを持っておいて損はないと思います!

以上が初心者の方がボクシングジムに通うのに「揃えておきたい道具」と「揃えておいて損はない道具」のご紹介でした!是非参考にしてみてくださいね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました